技術情報

技術の優位性

ダイヤゴムは1961年の創業から工業用手袋を開発してきました。一般に工業用手袋はゴム製と認識 されていますが、当社の製品はポリウレタン製が中心になります。耐溶剤用、防寒用、耐熱用、耐静電気用 等幅広い用途で製品を展開しております。
特に耐溶剤用は多くのお客様に高く評価され、溶剤用ポリウレタン製手袋、国内シェアNO.1を占めています。 それは独自の技術に 裏付けされた結果でもあります。

詳細はこちら

品質管理・製造プロセス

ポリウレタン製手袋はディッピング製法により製造されます。ディッピングとは手袋の型枠 (ディップ・モールディング:浸漬成形)を、用途に応じたオリジナルブレンドの溶液に浸す製法です。
お客様のニーズを分析し、現場で必要とされる製品を企画・開発。テスト成型やプロトタイプ製造、 耐久テストを経て厳格に管理された製造ラインに乗せられます。

  • 01  製造工程

    ○素材・原料の受入検査の実施
    ○原料配合・攪拌から浸漬液製作
    ○指定手袋型への浸漬・乾燥で手袋成型
    配合液の日常管理及び用途に応じた、浸漬液・浸漬条件で安定した生産を行っております。

  • 02  中間検査

    ○全数外観検査の実施
    ○薄手・特殊手袋のリークテスト(ピンホール検査)
    ○アークレス手袋の電気抵抗値検査

  • 03  仕上げ工程

    ○アークレス手袋の抵抗値検査実施
    ○納入仕様に応じた包装・梱包
    検査工程で合格した手袋を、適正寸法にカット・縫製仕上げ等を行います。
    袋詰め前に、抜き取りで膜厚・重量・長さを検査、規格内の確認を行います。

  • 04  最終検査工程

    ロット毎に抜き取りで特性検査を行います。
    長期保管し、品質異常が無いことを監視します。

2006年1月から品質管理の国際規格(ISO9001)を取得し、製品のサンプリング、保管を行い品質の維持、向上を図っています。
ダイローブは工場や研究機関、極地など、さまざまな環境下で安全に対応できる手袋として進化します。

各認証取得

ISO9001品質認証はもとより、CE、KC認証取得して安全・安心の製品を提供しております。 また、環境面でもDMFの廃液回収及びVOC処理装置による、排気ガスの燃焼を実施して、環境負荷を軽減する活動を行っており環境認証ISO14001の取得も目指しております。

手袋を追及するダイヤゴムパフォーマンス

  • 1.高機能

    業界最高水準を
    実現

  • 2.多品種

    用途に応じた豊富な
    バリエーション

  • 3.カスタマーサポート

    購入前後で適切なサポート

  • 4.グローバルスタンダード

    国内外の規格に準拠

  • 5.メイドインジャパン

    厳格な品質管理と
    検査がもたらす信頼性